本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 旅行記 > ぐんま切支丹風土記vol. 4

  ぐんま切支丹風土記 vol. 4

頼政神社 内村鑑三記念碑

  <本日の主な訪問地>

 高崎スタート☆


高崎ハリストス正教会

高崎ハリストス正教会

今日は高崎を回って甘楽方面に向い、富岡製糸場を見て帰路に着く予定☆ GWの最終日で混雑が予想されるので、あまりゆっくりはしていられないのです。という訳で、まずは高崎めぐり。
高崎ハリストス正教会は可愛らしく素朴な印象♪ ホテルから至近距離にありました。

高崎城跡

高崎城跡


つづいては高崎城跡。現在市役所になっている一帯が城跡です。音楽センターの東側に復元された乾櫓と東門があります。

この城は前田利家らに攻められて落城した城の一つ。大きな城だったので高山右近もその作戦に参加していたでしょうね。

ぱらつく雨の中で見たせいか、どこか陰鬱な感じを受けました。

高崎城跡
高崎城跡
高崎城跡
高崎城跡
高崎城跡東門
高崎城跡東門

東門の解説

 高崎で一番見たかったものは・・・!


内村鑑三記念碑

内村鑑三記念碑

私が高崎で一番イチバンいっちばん見たかったのは、内村鑑三記念碑!!
城跡からほど近い頼政神社の境内に建てられています。
これは内村鑑三生誕百周年を記念して造られたもので、内村の筆跡で内村の言葉が記されています。

頼政神社
頼政神社
内村鑑三記念碑
内村鑑三記念碑
記念碑の解説
記念碑の解説
土台の文章
土台の文章

慈眼寺

慈眼寺


内村鑑三記念碑を見たので高崎での目的は達成されたも同然ですが、もうちょっとだけキリシタンゆかりの地と教会をめぐってみたいと思います。

キリシタンゆかりの地として訪れたのは、下滝町にある慈眼寺。このお寺には江戸中期のものとみられるキリシタン墓があるそうな。

堂々たる本堂に目を向けつつ墓地へ。キリシタンの墓だよという標柱などはないようなので、これかな?あれかな?と、それらしい雰囲気のものを撮ってくることしかできませんでした;;

慈眼寺
キリシタン墓って
慈眼寺
これかな?
慈眼寺
あれかな?
慈眼寺
キミだったりする?

 軽く教会めぐり♪


日本基督教団高崎教会

日本基督教団高崎教会

消化不良な気分で慈眼寺を後にし、再び市の中心部に戻ってきました。住所だけでは市のどこに位置しているのかわからなくて、ちょっと無駄足踏んでる感じ;; やって来たのは日本基督教団高崎教会。意外なのは建物が新しいこと。建て替えたばかりなんでしょうか。

聖オーガスチン教会

聖公会聖オーガスチン教会


続いて訪れたのは日本聖公会の聖オーガスチン教会。創立が何年なのか調べてくるのを忘れましたが、建物だけ見ても歴史ある教会だということがわかります。

看板が付いている建物より奥の建物の方が聖公会っぽい感じ☆

聖公会についての説明板が設けられているので、興味を持っている人にはいいでしょうね。

聖オーガスチン教会
聖オーガスチン教会
聖公会っぽい感じ
聖公会っぽい感じ
教会入口
教会入口
説明板
説明板

シャロン・ゴスペル・チャーチ

シャロン・ゴスペル・チャーチ!


助手席で道路地図を広げる私の目に飛び込んできたのは、「シャロン・ゴスペル・チャーチ」の文字。シャロンもゴスペルもチャーチもキリスト教ですよね!?

ステキな教会があるんじゃないかということで、ナビって夫に行ってもらいました・・・が!
ステキな教会を模した結婚式場でした;;

入口に十字架まで掲げてるくせに式場だなんて、バカにしてませんかって感じ (○`ε´○)!!

こういう所に外国から来た観光客が入ってっちゃうんですよね。。日本人でも騙されるだから無理もないか;;

教会みたいな結婚式場;;
チャーチとは言うけど
教会みたいな結婚式場;;
ただの結婚式場
教会みたいな結婚式場;;
ゴスペルとか言うけど・・・
教会みたいな結婚式場;;
以下省略;;

高崎キリスト教会

高崎キリスト教会


教会みたいな結婚式場にガックシきながら大通りに出ると、ほんとの教会を発見。福音伝道教団という教団の高崎キリスト教会です。結婚式が挙げたくなる雰囲気ではありませんが、救いならこっちの方があると思います(たぶん)。

教会めいた外観の結婚式場がバンバン建っていることについては、日本人の良識を疑われても仕方ないと思います。雇われ牧師がいて式を挙げてくれるそうだけど・・・そういうのっていいんでしょうか?

神さまは何と思われてるんでしょうね。

 甘楽へGO! ρ(^-^*)ノ


甘楽

甘楽の町に来てみたら


高崎観光を切り上げて、甘楽にGO!
小幡藩という藩が領していたこの地域には織田信雄(のぶかつ or のぶお)のお墓などがあるのです。

織田信雄は織田信長の息子でキリシタンでした。今回初めて知りましたが小幡藩の初代藩主は織田信雄だそうで。

私は日本史選択じゃなかったので、日本史の基本がずぱっと抜けてる時があり、ものすごく恥ずかしいをすることがあり。。

大手門の礎石のあるところに観光案内所があったので、織田信雄ゆかりの場所を教えてもらいました☆

崇福寺墓地

崇福寺墓地

まずは崇福寺の墓地。崇福寺は小幡織田家の菩提寺で、ここに。織田信雄のお墓があるのでした。墓地への入口がわかりにくいので、観光案内所の人に教えてもらって良かったです♪ 織田信雄さんののお墓といっても分骨墓で、他にもお墓があるようです。有名人って大変だなと思ったり。

崇福寺墓地入口
崇福寺墓地入口
織田信雄の墓
織田信雄の墓
解説板
解説板
周りの風景
周りの風景

楽山園

楽山園入口


「この辺りの観光で一番のおススメはどこですか?」の問いかけに、「楽山園です!!」と返って来たので、こりゃ行ってみにゃということで、楽山園へ。

ここは織田信雄が作った屋敷と庭園の跡で、新たな観光の目玉にしようと、地元では(かなり)力を入れている所のようです。

真新しい建物や復元された門なども目を引きますが、新しい観光地の展示物などは最新の研究成果が反映されているので、それが学べるのが有益です。

楽山園

楽山園

東屋からの庭園の眺めはなかなかのもの。これに花が加わればカメラ片手の中高年が押し寄せること間違いなしって感じです♪ しかしキリシタン大名だった織田信雄の信仰はまったく感じられず、その点が残念。信雄自身がどこかに何らかの工夫をして、自らの信仰を表現してたんじゃないかと思うんですけど・・・。

楽山園内
楽山園内
建物があった場所
建物があった場所
楽山園の解説
楽山園の解説
見て学べる施設も
見て学べる施設も

 国峰城跡にも行ってみよ☆


国峰城跡への道

国峰城跡への道 崇福寺と楽山園がカンタンに見つかったので、気をよくして向ったのが国峰城跡。同じ甘楽だし、そう遠くはないだろうと踏んだのが第一の間違いでした。

住所で距離は測れないのだよ、諸君。(誰に呼びかけているかは不明)

お城の跡なんだから近くまで行けば案内板が出てるでしょ、と思ったのが第二の間違い。

そんなことは誰が決めたのだっ? 世の中には常識では判断できないことがたくさんあるんだ、覚えておきたまえ。(ちょっと思考が壊れ気味…)

とにかく非常に苦労して国峰城跡に到着しました;;

国峰城跡への道
カンタンに見つかるさと
国峰城跡への道
ナビを頼りにしていたら
国峰城跡への道
ナビは白地図になり
国峰城跡への道
案内板は途絶えた・・・

国峰城跡

国峰城跡 最終的に道なき道を行くこととなりましたが、車を残して進んでいったらありました、国峰城跡。

←この看板を見られただけでも値千金の価値があるように思えました。

この国峰城も1590年、前田利家らに攻められ落城した城。たぶんそれっきりなんでしょうね、この荒廃した感じからして。

それでも子孫の方が建てた碑があり、人の手が入ってる様子が窺えます。ベンチが置かれて公園っぽくしてありますが・・・誰か来ますかねぇ?

国峰城跡
子孫の方が建てた碑
国峰城跡
碑の裏面
国峰城跡
公園っぽくしてある
国峰城跡
ベンチもあるし

 富岡製糸場は大賑わい (゜o゜ )!


富岡製糸場

富岡製糸場 やぶ蚊に襲われて車に逃げ帰り、富岡製糸場へ。同じ富岡市内でもこちらは大賑わい。製糸場には駐車場がないので、駐車場屋さんや近辺の店々まで潤って、地域全体が商圏として盛り上がっている感じ。

世界遺産の暫定リストに載ったからでしょうね。世界遺産になったら混雑して行きにくくなるから今のうちに見ておこうという人がやって来るのでしょうか。

それにしても日本人は物見高い民族だなと思います。自分が興味を持っていないものであっても、有名だったりすると、「一応見ておこう」とするんですから。ま、私もその一人ですけどね (゜∇^*)テヘ

富岡製糸場
富岡製糸場
見学者いっぱい
見学者いっぱい
女工さんの住居
女工さんの住居
展示と機械
展示と機械
実演に参加できる
実演に参加できる
使っていた道具類
使っていた道具類
当時のままの機械
当時のままの機械
昔のままの建物
昔のままの建物

富岡製糸場

綿糸工場


見学者いっぱいの富岡製糸場は、科学実験の実演をしてくれる施設とレトロな建物が融合した、ステキな観光地。クッキーなどのお土産品が売れそうな。

女工哀史みたいな雰囲気は払拭され、「女工さんたちは優遇され自立して、健康的に働いてました、だって医療施設だってあるでしょう?」と謳われています。

でも観光客の波から離れ、一人でいたりすると、どうしようもない寂しさが体に浸み込んでくるような気がするのです。

 女工さんたちを思いながら

龍光寺

女工さんが葬られたという龍光院 それで、亡くなった女工さんが葬られたという龍光院というお寺に来てみました。墓地がどこかわからず、お墓も見つけられずに終わってしまいましたが。どんな気持ちでいたんでしょうね。一人の人間として・・・。

彼女たちは私と同じ一人の人間で、心だってあって思い悩むことや考えることだってあったでしょうに、その心はどこにどうやって生きていってたんでしょう。

待遇がどうこうよりも、彼女たちのそういう顔の見えなさが、気持ちにひっかかって、やりきれない気分にさせられるのです。

日本基督教団甘楽教会

日本基督教団甘楽教会

「時間も時間だし次に行きますか」と、日本基督教団甘楽教会へ。すると小さく「ここで礼拝に出て、洗礼を受けた工女さんもいたそうです」と書いてあるのを発見。何か導きを感じました。彼女たちの顔の片鱗が見えたような。一人の人間として生きて、心の安らぐ場を求めて教会へ通ったりしてたんですね。それを知ることができて良かったです☆

日本基督教団甘楽教会
日本基督教団甘楽教会
幼稚園は70周年
幼稚園は70周年
小さく書かれた説明
小さく書かれた説明
彼女たちが通った教会
彼女たちが通った教会

カトリック富岡教会

カトリック富岡教会 旅行の最後に立ち寄ったのはカトリック富岡教会。もしかして中でお祈りできるかなーと思っていたのですが、鍵が閉まっていました。

観光地だからかな? それとも何か行事で関係者以外は入れないようになってたのかな?

外の碑にアッシジのフランチェスコのものとされる、平和のための祈りが刻まれていました♪

大好きな祈りを一言一言口にしながら上を見上げたら、空がとても近くにあるように感じましたヽ(=´▽`=)ノ

カトリック富岡教会
カトリック富岡教会
カトリック富岡教会聖堂
カトリック富岡教会聖堂

平和のための祈り

庭の聖母像

私の今日という一日は・・・


群馬旅行
帰路につき高速に乗ってしばらく進むと、突然空に稲光が走って雨が降り始めました。あっという間に暴雨となり、道路は冠水、車線も見えなくなりました。

(この日の荒天は各地に被害をもたらし、後でニュースで知りましたが落雷で2人、竜巻で1人が亡くなりました)

前の車のテールランプを頼りに走っていたのに、その車がPAに消え、私たちは入り損ねたので乳白色の闇の中、激しい雨音だけが響いていました。

群馬旅行
すると今まで聞いたこともない奇妙な音が、雨音に混じり始めました。フロントグラスには氷の結晶。雹です。それもかなり大きな。2センチ強はありそうです。

打ちつける氷の礫はおさまる気配も見せず、車はどこを走るかも知らぬまま進んで行きます・・・


その時、なぜかわからないけれど、群馬旅行然東日本大震災のことが頭に浮かんできました。命の危険を感じて、脳が連想を呼び覚ましたのでしょうか。

生きているというのは何と贅沢で、ありがたいことか。小さなことに腹を立てたり、つまらないことを気にして時間を無駄にするなんて、何と愚かで、命を冒涜する行いなんだろう。

私の今日という一日は、この日を生きたくても生きられなかった誰かのその一日と、同じ一日なのに ――。

群馬旅行雨の壁を突破すると、さっきまでの暴風雨が噓だったかのように急に陽光の下に抜け出ました。

安堵とともに感謝の思いで日差しを仰ぎ、自分の心の中を点検しました。私の心はどこを向き、何を追い求めているんだろうと。

人の目や瑣末なことにとらわれずに天を見つめて、自分のすべきことをしていこうと思いました☆


読んでくださってありがとうございます!!




インフォメーション


                                      旅行記一覧へ >>