本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 旅行記 > 初めての東北旅行二日目~大籠

初めての東北旅行二日目 ~大籠

本日の主な訪問地


 ・大柄沢キリシタン洞窟
 ・祭畑刑場
 ・大籠キリシタン殉教公園
 ・地蔵の辻
 ・台転場

東北のキリシタン

東北のキリシタン


東北地方のキリシタンたちが、過酷な迫害時代に耐えたことは最近になって本で知りました。

今日はいつか行ってみたいと思っていた東北キリシタン殉教地に向います。

道の駅かわさき


まずは道の駅かわさきでお買い物☆

今日一日、レストランとかコンビニのない道を走るので、ご飯と飲み物を買い込みます。

地元の物産が充実していて、見ているだけでも楽しい☆
自家用のお土産に乾物とかも買っちゃいました♪

大柄沢キリシタン洞窟へ

県境の山へ


岩手の山間部はさすがに道が細く、「この道で合ってるのかな~」と不安に駆られながら、目的地を目指します。

ようやく「大柄沢キリシタン洞窟」の標識を見つけて小道に入っていきましたが、鬱蒼としげる木々に遮られ、車を降りて山を登っていくことにしました(レンタカーが傷ついちゃうので;;)

キリシタン洞窟


迫害時代、ミサにあずかろうとキリシタンたちはこの山深い洞窟まで通っていたそうです。

山に入ったときは岩手県だったのに、ここはもう宮城県です。いかに山奥の人目につかない場所まで来ていたかがわかります。

内部には当時のものは何も残っておらず、マリア像が一体置かれていました。腰をかがめて膝をついてでないと入れません。中に入りたい方は懐中電灯が必携です。


殉教の跡があまりに多くて・・・

祭畑刑場


近辺には殉教史跡がたくさんあります。長い迫害時代を経ているので、目に見える跡はあまりないのですが、ひとつひとつたどってみたいと思います。

こちらは祭畑刑場の跡。キリシタンの処刑が行われた場所です。

キリシタン隠れ穴


こちらはキリシタンが隠れたとされる隠れ穴。

解説板は出ているものの、隠れた穴自体はどこにあるのかわかりませんでした。

今はふさがれているのでしょうか?

上野刑場


通称「オシャナギ様」と呼ばれる上野刑場です。

供養のためにお地蔵さまが建てられていますが、キリシタンの鎮魂のために仏教の人々が建ててくれたのでしょうか。

亡くなってもキリスト教式に弔ってもらえなかったことが、とても切ないです。今ではきっと天国に行っているんでしょうね。


大籠キリシタン殉教公園

山頂にあるクルス館


「江戸時代のはじめ、300人を超すキリシタンが、この地『大籠』で殉教しました。いかなる迫害にも屈しないで、信仰の道を守り抜いた大籠の先人たちの崇高な歴史は、将来にわたって語り継がなければなりません。大籠キリシタンの布教と殉教の歴史を子々孫々に伝えるため、殉教公園を整備しました。この公園が、多くの皆様に親しまれ、郷土愛、人間愛を育む場となりますことを心から願ってやみません」大籠キリシタン殉教公園パンフレットより

急な階段を300段上るとクルス館があります。内部には舟越保武氏の彫刻が三体あり、館内は静寂が支配しています。

祈らずにはいられない所だと感じました。30分ごとに音楽を奏でるカリヨン眼下にはさわやかな風が吹いていきます。


近辺の殉教史跡へ

近隣の史跡マップ


公園を後にし、近辺の殉教史跡をまわります。

天気はよかったのですが、段々と陰鬱な気持ちになってしまうのを抑えられませんでした。



本や資料で調べた史跡のうち、いくつかは見つけられずに終わりましたが、目立たない場所にある所までちゃんと見てくることができたので感謝です。

もうお昼もとっくに過ぎてしまったので、急いで宮城県側の史跡に向かわなくてはなりません。
国道346号に乗って、宮城県東和町を目指します!

東和町は難易度が・・・


岩手から宮城へ


一時間ほどで宮城県に入り、「そろそろ後藤寿庵の碑があるはずなんだけど・・・」と地図で示されている周辺を探しても探しても見つからず、時間が余ったら又来ることにして、三経塚を目指します。

三経塚は、老の沢、朴の沢、海無沢の三ヶ所に切捨てられたキリシタンの遺体がお経とともに埋葬されたことから名づけられました。


三経塚案内板

ほどなく三経塚の案内板を発見!
地図も載っているので次は簡単に見つけられそうです☆

老の沢と朴の沢は、地元でもよく知っている人でないとたどり着くことができないと資料に書いてあったので、海無沢とその近くにあるという切捨場にレッツゴー☆

暗くなったらおしまいなので急がねば! 


三経塚ついに見つからず・・・


しかし・・・。
行ったり来たり、どんなに探し回ってもそれらしき物が見つかりません (×_×)

「三経塚こっち→」みたいな標識も皆無。一生懸命下調べしてきたつもりだったのですが、甘かったようです・・・。三経塚かどうかもわからない碑だけ写真に収めて(たぶん三経塚じゃないです・・・)、撤退してきました。 

その後国道346号に戻って、日が暮れてくるまで後藤寿庵の碑を探しましたが結局何も見つけられませんでした。

 <結論>
   ↓
  東和町の難易度は、非常に高い(><;)!
  (単に下調べが不十分だったのかもしれないけれど)

  いつの日かリベンジしてみたいです!

                                          NEXT >>