本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 旅行記 > マカオ~東西の遠い絆①
マカオ~東西の遠い絆 ①
ティーセット

  <スケジュールと訪問地>

 
成田空港
   ↓マカオ航空
 マカオ国際空港
   ↓タクシー

 ホテル

 マカオに巡礼?

自分がマカオに行きたいと思うとは
グランド・リスボア想像してもみませんでした。
ほんの少し前までは。                    

しか
しキリシタンや宣教師の本を読んでいると      
かなりの頻度で「マカオ」の文字が出てくるのです。

「マカオって一体どんな所なんだろう?」

調べてみるとキリシタンが建造に関わった教会や
殉教したキリシタンと宣教師の遺骨
そして敬愛するザビエルの腕の骨までが
マカオにあるということがわかりました。

是非行ってみよう!! 見てみよう!! 

というわけで
2010年のお盆休みにマカオに行くこととなりました。
みこころを感じる時間となるよう切に求めながら・・・
マカオ巡礼、スタートです☆
                                                      

 成田を飛び立って

成田空港

成田空港


お盆休みの真っ只中だけあって、成田空港は大賑わい。マカオに行くこと自体決めたのが1ヶ月ほど前のことなのに、よくぞチケットが取れたものだと思いました。

さて、マカオに行こうと思い立ってから調べたことですが、なんとマカオの公用語は中国語とポルトガル語。通貨の単位はパタカというそうです。知ってました?

中国に返還されたことは知ってましたが、特別行政区という制度(体制?)でこうなっているのだとか。近くの国でも行ってみようと思わないと、なかなか情報って入ってこないものですね(私が無知なだけかっ?)

マカオ航空で飛び立ちます

マカオ航空


マカオって香港経由で行くイメージだったので、マカオには空港がないと思っていましたが、15年前に出来た新しい国際空港があります。

今回利用したのはマカオ航空。香港行きに比べたら便数は少ないですが、成田からマカオ国際空港まで直行便が出ているのは、非常に便利◎

ちなみにマカオはカジノで有名で、2006年その収益がラスベガスを抜き世界1位となりました。マカオの税収の60%がカジノによるものだなんて、ちょっと想像できません。世界にはいろんな所があるんだなぁ^^;

一つの興味がいろんなことにつながって、世界に目を開くようにしてくださっているのかもしれませんね。
さあ、出発だ ъ( ゜ー^)!

空から見ると…

空から見ると


中国の沿岸を空から見下ろすと、たくさんの島々と高層ビル群が。すごく経済発展していっているのがわかります。昔から貿易で栄えていたんでしょうね。

マカオは2005年に歴史市街地区として世界遺産に登録された街で、この中に30ヶ所の世界遺産があります。つまり世界遺産の街!

これを目当てに訪れる観光客も多いそう。もちろん私も巡ります。なんといってもその中に教会が多く含まれているのが魅力です。目標は30ヶ所全部の制覇☆

 マカオに到着!

小さく見えるお月様

遠くに小さなお月様


着陸態勢に入って目に飛び込んできたのは、キラキラピカピカなホテルたち。ディズニーランドのようです。カジノってこういうホテルに入ってるのかー (゜0゜*)!!!

無事空港に降り立ち、暗くなっていたのでタクシーに乗り込みました。空港のあるタイパ島からマカオの中心部へは大きな橋を渡って行きます。道は車で一杯。光の列が続いています。

ふと空を見ると月がかかっていました。地上の煌めきに比べれば小さな灯りですが、とてもほっとする灯り。どこに行っても見守ってくださる方の瞳のようで^^

初めての街で光の洪水に圧倒されましたが、自分を取り戻そうと思いました。私はマカオに巡礼に来たのだよ。目に見えるものに捕われてはならぬのだ!

アルバレスの像

ジョルジェ・アルバレスの像


中心部に近づけば近づくほど渋滞がひどくなり、タクシーのメーターも上がる一方だったので、降りて歩くことに。

停車するや否や、次の客が乗り込んできたのにはびっくり。タクシー不足が深刻で、人が降りたところで乗り込むのが常識となっているようです@@;

←は信号待ちで撮ったジョルジョ・アルバレスの像。私たちが泊まるホテルの前にあります。今回のホテルは中心部に近くて主な観光地は徒歩圏。便利な上に夜でも治安が悪くなさそうでうれしいです◎

                                                 

 メトロポールホテル☆☆☆

ホテルの窓からの景色

窓からはグランド・リスボアが


今回泊まるメトロポールホテルは、ホテル予約サイトで一番安かったので選んだホテルなので、三ツ星とはいえ期待はしていませんでした。2人とも贅沢を求めるタイプでもないし^^

泊まった人のレヴューにも、「部屋に窓がなく、冷蔵庫が壊れていた」「設備が古くてバスタブはない」などと書かれていたので、泊まれさえすればいいと^^;

しかし案内された10階の部屋は、窓がある上にカーテンを開けると目の前にグランド・リスボア(有名なカジノ・ホテル)が!部屋は広くてキレイだし、冷蔵庫もバスタブも完備。ほんとにほんとに(人-)謝謝 です♪

やっと晩ごはん


ホテルの一階にレストランがあったので、今日の晩ごはんはここで食べることに♪
ホテルにリーズナブルなレストランがあるのってすごく便利です。
メニューを雰囲気で読んで、なんとなく注文。食べられればいいんだもん◎
本日の晩ごはん どちらも美味しい!
 ↑チャーハンと堅焼きそばにえびあんかけ。どちらも大皿で出てきてびっくり@@; 
   どうやら主食を2つ頼んでしまったよう。分けて食べる文化なんですねー^^ 

今日は移動日だったけど…


部屋に戻って寛ぎタイム。                窓から見えるグランド・エンペラー
今日は移動しただけで終わったけれど
明日から2日間は歩き回ります!

禁教令で日本を追放されたキリシタンたちが
海を越えてたどり着いた街に
今自分がいるんだと思ったら
ぐっと胸に迫ってくるものを感じました。

見たいと思って来たけれど
きっと私にとって
見なきゃいけないものがある――。
それが確信に変わりました。

ヴァリニャーノが日本と中国の宣教を指揮し、
天正遣欧少年使節が過ごし、フロイスが行き来し
ペトロ岐部が悩み、原マルチノが日本を思い
信仰のゆえに故郷を追われたキリシタンたちが暮らした街、マカオ。

たった2日間で何が悟れるかわかりませんが
何かを感じることができるようにと祈ります。
全てを主に委ねて。★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*(^∇゜*)ノ" オヤスミナサイ♪

インフォメーション


                                          NEXT >>