本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 旅行記 > 美し国 宮城一日目

美し国 宮城一日目

本日の主な訪問地


新宿駅新南口
   ↓高速バス
仙台駅東口

 ・光明寺


あこがれの仙台だもの♪

杜の都仙台といえば、誰でも一度は行ってみたいと思う街じゃないでしょうか。
宮城観光協会のHPによれば、「美(うま)し国 宮城」だそうです。
 
仙台に行ったことがない私には、もう行けるというだけでうれしくてうれしくて、興奮で眠れないまま当日の朝を迎えてしまいました(小学生かっ)☆
 
出発日が連休初日ということもあり、高速バスに6時間半も乗って到着しましたが、張り切って街歩きに出かけます♪

北仙台にある光明寺


まずは地下鉄に乗り、北仙台にある光明寺に向かいます。
慶長遣欧使節としてヨーロッパに渡った支倉常長の墓があるお寺です。正確にいうと、常長の墓の候補ですけど。

北仙台の駅からは徒歩7分くらい。駅近なのですぐ見つかりましたが、階段は結構な長さ。ふーふー登りつつ、普段から足腰を鍛えておかなきゃなと反省いたします。

訪れたのが9月のお彼岸の頃だったので、お墓参り来ている人たちもちらほら。「こんにちはー」などと見知らぬ人にも挨拶してみます。

少し暮れかかった墓地は、人気がない時はかなりさびしい感じかも。一人で来なくてよかったです。今回は仙台に住んでいる友達と一緒に回るので、何かと心強いです。

支倉常長のお墓


支倉常長のお墓は、お寺の建物の裏手にある墓地の一角にあります。

想像していたよりずっと小さくて、横の説明書きがなければわからないほど。

でも見たかったので満足です。
ヨーロッパにまで行って来た人がここに眠っているかもしれないんですねー。

ルイス・ソテロの顕彰碑


隣にあるのは、伊達政宗にローマへの使節を進言し、支倉常長らを連れて行った宣教師ルイス・ソテロの顕彰碑です。

ソテロ神父は長崎で殉教したので、ここには碑が残っているだけです。

この碑も思ったより小さいです。


仙台の夜は早い・・・

地下鉄広瀬通駅


「さーて、次は仙台城址かな~」と思っていたら、どんどん夕闇が濃くなってきました。時刻はまだ5時過ぎなのに・・・。

バスも適当な便がなく、その上仙台城址の資料館ももうクローズしているとのこと。この日の観光は強制終了となりました。

広瀬通で下りて夕飯を食べ、「鯛きち」のたいやきをほおばりながら友達とおしゃべりしてホテルに帰りました。

「もっといろいろ行きたかったなー」と残念でしたが、ベッドに入ったら速攻眠ってしまいました。
どうやら体は休息を必要としていたようです。
今夜はおとなしく早く寝て、明日からに備えます☆


                                            NEXT >>