本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 旅行記 > とうきょう散歩~其の一

 とうきょう散歩~其の一

  <本日の訪問地>

★元和キリシタン殉教碑
★札の辻
★高輪大木戸
★カトリック高輪教会

 江戸の殉教地を訪ねて

キリシタンに興味を持ってからまだ半年も経たない私には、都内にもたくさん訪ねてみたい場所があります。初心者だから、何を見ても新鮮。長年住んでる街なのに、「こんな所があったのか」と驚くことばかりです。まずは札の辻

2008年11月に列福された原主水ら50名の宣教師やキリシタンが処刑された場所です。
若くはないけど一応女性だから、処刑場が見たいだなんていうと不思議がられるかもしれませんが、どうしても行ってみたい! というわけで今日は江戸の殉教地を訪ねます。

元和キリシタン殉教碑


やってきたのは、札の辻に近い三田ツインビル西館の奥にある元和の殉教碑

東京都の史跡に指定されています。

まわりは公園のように整備されていて、私有地の敷地ながら公有地のような雰囲気です。碑の前には花が供えられていました。


札の辻の交差点

札の辻のあったところは、今も昔も往来の激しい交通の要所。

芝口札の辻は東海道から江戸への正面入り口で、高札場でもあったため、多くの人が江戸に入るためにここを通りました。

刑場は小高い丘となっていて、江戸の幹線道路沿いで火あぶりにしたのは、人々に見せて「切支丹宗徒になるとこんな目にあうぞ」と示すためでした。

元和9(1623)年ここで殉教したのは、ヨハネ原主水デ・アンジェリス神父ガルベス神父シモン遠甫修道士らです。

寛永17(1640)年にも、オゾリオ神父バラハス神父らが火刑に処されています。

 東海道を歩いて高輪方面へ

札の辻の交差点から江戸時代には東海道と呼ばれていた道を高輪方面に向かいます。
江戸の庶民にとってこの品川界隈は、歓楽街でちょっとしたデートスポットだったとか。今でいう、ワンデートリップみたいな感じで出かけていたようです。箱根みたいな感じかなー?

高輪大木戸跡

江戸に入るには関所のような木戸をを通らねばならなかったのですが、ここにその大木戸が設けられていたそうです。

札の辻にあった高札も後にはこちらに移されました。江戸の治安を守る砦のような場所だったんでしょうね。



細い路地と猫

東海道を江戸と反対方向に進むこと15分。
芝口とかいう地名が出てきます。車通りの激しい道沿いにビルが建ち並んでいます。

しかしこの辺りは江戸時代には海だったとのこと。ちょっと想像もできません。でも地名に「海岸」という名前も出てきて、往時をしのばせます。

「海岸が見えるところ」って意味でなく、正に「海岸」だったということですね! 

そのうち品川駅に出ます。こんな都会都会した場所も海辺か海の底だったなんて信じられません。



カトリック高輪教会

JR品川駅からざくろ坂と呼ばれる坂道を上ること6分ほどで、カトリック高輪教会に着きました。

道の途中、硫黄のような異臭が立ちこめている場所がありました。いつもそうなのか、人々は気にする様子もなく、平然としていました。

教会への道でそういう異臭が漂ってるのってやだなと、ちょっと私は気になりました。

教会堂の横のキリスト像

敷地に入ってすぐ左手にキリスト像が建っていて、訪問者を迎えてくれます。

キリスト像というと、十字架にかかっている姿か生まれたばかりの赤子でマリア様に抱かれている姿がほとんどなのですが、ここのキリスト像は立像です。

手を広げて、己のもとに来る人に祝福して守護を与えているように見えます。目立たない場所に建てられていますが力強くて温かい印象です。



元和キリシタン殉教碑の石碑

ここを訪れたかった理由がこの石碑。
札の辻で散った命の供養のために、初めて建てられた碑です。

札の辻は長く不浄の地とされて、人が住みませんでしたが、約150年後の明和年間に智福寺が建てられました。

その智福寺(現在の済海寺の下にあったとされる)に、1956年カトリック信徒によって建てられたのが、この「元和大殉教記念碑」です。


智福寺が練馬区に移転した時に石碑はここに移され、寺のあった場所に都ホテル・都イン東京ホテルができ、その後現在の三田ツインビルが建てられました。

碑にも人間同様、流転の歴史があるんですね。

 歩き疲れて・・・

そんなにいろんな場所を回ってないのに、道に迷ってウロウロしたせいで、もうすでに足は棒。
普段の運動不足がたたっています・・・。
最後に訪れた、というか通りかかったのは明治学院です。

明治学院

敬愛するヘボンさんが設立に関係しているので、訪れてみたかった明治学院。勝手に中に入っちゃだめかなと思ったので外から眺めます。

いつかちゃんと見てみたいです。守衛さんか誰かに言えばいいのかな? それとも学祭の時なら部外者も入れるのかな? 情報収集しなくては。


スタートが遅かったせいもあり、この日の散歩はこれでおしまい。なんかちょっと尻切れトンボな感じです。後で調べてみたら、高輪教会のクリプトって建物の方に江戸の大殉教の有名な絵があったのに、それも見てないし・・・。

もう一度リベンジしていろいろ見てまわりたいです。
でも今回下調べの重要さを感じたので、次回以降はもうちょっと賢く回れるはず。
とにかく東京の奥深さに触れてよかったです~(〃⌒ー⌒〃)ゞ

インフォメーション
女子パウロ会公式サイト :キリシタン史跡の情報があります
カトリック高輪教会の公式サイト :詳しい行き方が書いてあります
東京のキリシタン史跡のページ :史跡めぐりをしている方のサイトです


                                          NEXT >>